地元の木で家造り。なんといっても愛着が湧き『大切にしよう』という気持ちがより一層深まります。

柱や梁などそのまま見せる。風合いが大切な日本の建築のあるべき姿が戻りつつあると感じます。

私達が建築計画をさせてもらう時は「やり過ぎない」ということ。

企画化された住宅では、木の表情が表に出ず無機質になってしまいますが、自然素材も全面に出しすぎると圧迫感が生まれることがあります。 

日本の建築は質素でどこか控えめなところが美しい。

足し算だけでなく引き算の美学を追及したいと思います。

日本の建築の木の表現の仕方や自然素材、現代の材料も上手く合わせ、和風、洋風とらわれず「オンリーワン」の家創りを目指しています。

ありがとうございます。

寺西建築の新着情報

  • 寺西建築イベント情報
  • 寺西建築施工実績一覧
  • 寺西建築へのお問合せ
  • 寺西建築・寺西崇晃のブログ
  • -mienoki.net
  • ウールブレス